テェゲテェゲに

「いいかげん、丁度いい感じ」という意味だそう

地球はダイエットの天才だった?

こんばんは。

体調が悪いのとは反比例に「ご飯が美味しい~♡」と言いながら、食事をしている今日この頃です。ちょっと太った?ちょっとね?

歩くのは低速すぎてウォーキングというレベルにならないし、毎日ラジオ体操のような肩こり体操のような簡単な運動?だけしています。減るわけないんです。

痩せた~い!
そんな中、究極のダイエッターがいましたのでご紹介します。

news.biglobe.ne.jp

地球は毎年約5万トンずつ軽くなっています。しかも1年間に宇宙空間の塵が約4万トンもふりそそいでくるのに、その分を相殺してなお5万トン軽くなるのです。

すごい地球!羨ま・・・ん?それって一体どういうダイエットなのでしょうか。

箇条書きにしてみます。1年あたりです。(+)増、(-)減

  • (+)宇宙から4万トンの塵が、重力により地球の一部になってる
  • (+)地球は温暖化によって160トンずつ質量を増量(NASA調べ)
  • (-)地球の核は、時間とともにエネルギーを約16トン消費
  • (-)毎年約9万5000トンの水素と約1600トンのヘリウムが失われる

ちょっと待ったです(゚A゚;)水素とヘリウム、減る量が多すぎませんか?
水素とヘリウムは軽すぎて、重力で引き止められないんだそうです。

 

この説明の前に、プラスマイナスの件を引用します。

地球上の人口が増えて、巨大なビルなど建造物を建てても、地球全体の重量は変わりません。人間も物も、地球上にもともとある物質の形を変えて作られていくからです。

ロケットや衛星は、いくつ打ち上げてもいずれ落ちてくるので無問題。

これらを計算すると地球は毎年ざっくり5万トン減っているそうなんです。

でも大丈夫!5万トンって、地球の質量の0.000000000000001パーセント
(10京分の1)に過ぎません。「0.」の後「0」が14個です。

過ぎませんって、塵も積もれば・・大丈夫です。としか書いていません。

 

そして水素!水素は大量にあるので、やはり大丈夫なんだそうです。なくなってしまうのにあと数兆年かかるそうです。長いね?

 

ところが問題はヘリウムです。ヘリウムは大気の0.00052%で、この天然ガスから分留して作ってるんだそうです。

でもちょっとググってみたら、あちこちでとても安い価格でパーティーグッズとして販売していますよ?

ヘリウムは、声を変えるためにあるんじゃないのです!昔、遊んだけどね~

MRIスキャナの超伝導電磁石の冷却や、シリコンやゲルマニウム結晶の保護などさまざまな用途があり、需給のバランスから希少性が高まりつつある。

ね(゚A゚;)?

とあるノーベル賞を取った教授は、ヘリウム入りの風船は100ドルの価格をつけるべき!と言ってるそうです。ええ~1個1万円以上?

f:id:ballooon:20190117210633j:plain

ヽ(*´∀`)ノ

ヘリウムは大事に使いましょう!というお話でした。あれ?ダイエットの話では?

最後まで読んでくださってありがとうございます。

あ、そうだった・・・

私はここ数日若干、いっぱいいっぱいになりつつあって、元が

f:id:ballooon:20190117211008j:plain

こんな感じで、容量が少ないのです。

いろいろ重なるとすぐに水があふれてパニクるんです(^^;)ということで、みなさんのブログを読むスピードも落ちています。
これに仕事が入ると、さらに遅れます。どうか長~い目で見てくださいね~

今日もこれから見ま~す。コメントもうまく書けないかも?お許しを~

/りお